美味しく食べられる腎臓病食【あなたに届ける魅力的な食宅配】

和食

食事は摂取量を考える

看護師

最近では、多くの方が腎臓病になっています。腎臓は身体の中でも毒素などを浄化する役割を持っているので非常に重要な臓器となっています。腎臓病になるとその機能が低下してどんどん毒素の浄化が追いつかなくなってしまうのです。腎臓の機能が弱まってしまう原因として上げられるのは塩分などの過剰摂取です。腎臓病は基本的にわかりづらいので病状がかなり進んでからでなければ気づく事が出来ないのでかなり厄介です。しかし、わかりづらいですが小さな症状などがあらわれるのでちょっとした事でも見逃さない様にしましょう。もしも腎臓病になってしまった場合は食事療法となっていて、医師が定める栄養素の摂取量基準をクリアしなければ腎臓への負担となり症状が悪化してしまうので食事には気をつけましょう。腎臓が弱っている時にタンパク質の多い食事を行なってしまうと尿素窒素やクレアチニンなどの腎臓が排泄している毒素が身体に溜まってしまうので負担が掛かり腎臓に良くない状態が続いてしまいます。タンパク質は多くの食事に含まれていて、肉や魚だけでなく、ご飯や野菜などにも含まれているため、摂取する際にはタンパク質の量に注意しましょう。タンパク質や塩分、カリウムの摂取は控えた方が良いのですが、身体を動かすエネルギーは非常に重要です。エネルギーをしっかりと摂取する事によってタンパク質を分解して腎臓への負担を減らしましょう。砂糖やデンプン、油などはタンパク質が含まれていない調味料や食品なので賢くエネルギーを摂取すると効率良くタンパク質を分解してくれます。